よくあるご質問 FAQ

仕組み

どうして水や肥料を与えることなく植物が育つのですか? 子どもに教えたいので、仕組みについてもっと詳しく教えてください。

アクアスプラウトSVは、魚・微生物・植物の3者が自然の生態系を形成することで成り立ちます。魚からフン(アンモニア)が発生すると、自然界に存在する微生物によって、硝酸塩へと分解されます。この硝酸塩は、植物の栄養になります。この循環を「硝化サイクル」と呼びます。そして、植物の力でキレイにろ過された水は再び水槽へと戻り、魚をイキイキとさせます。

最適な環境となるのには約3〜4週間を要します。その間に何が起きているのかを知ることでより深く仕組みを理解することができます。

●魚を飼育しはじめてからの状態変化
0~1週間:魚にエサを与えるとフンをするため、アンモニア濃度が急速に上がります。

1~2週間:アンモニアを好む微生物(ニトロソモナス)が自然と集まり、アンモニアを亜硝酸塩へ分解します。これにより、亜硝酸塩の濃度が上がります。(アンモニアと亜硝酸塩は魚にとって毒です。負担にならないよう、この間のエサやりはできるだけ少なめに与えてください。濃度がゆるやかに上昇していくのが理想的です。

2~3週間:亜硝酸塩を好む微生物(ニトロスピラ)が自然と集まり、亜硝酸塩を硝酸塩へ分解します。このときには苗を植えても大丈夫です。

3~4週間:アンモニアと亜硝酸塩の濃度がほぼゼロになり、硝酸塩の発生を確認できたら「生態系がつくられた」時です。これで魚と植物が自然と育つ環境が整いました!

生態系は自然とつくられるものですが、このプロセスを観察することで「自分で生態系をつくった」という意識が生まれます。そのうえで育った作物を口にすると、より深く食べ物や生命尊重について考えるきっかけとなるでしょう。

6in1試験紙を使えば簡単に濃度を測ることができます。

セットアップ

アクアスプラウトSVに合う水槽サイズを教えてください。

幅45cm、奥行24㎝以上、高さ30cmの水槽です。一般的な規格サイズですので、広く流通しています。幅と高さは外観に影響するのでジャストサイズをお勧めします。

設置場所はどのような場所がよいですか。

水平な場所で、日当たりのよい窓際などの室内に設置してください。 難しい場合は、植物用LEDライトを設置することで、日光の届かない場所でも設置できます。

水中ポンプの付属品はすべて使用しますか。

水中ポンプの付属品は、通常、排水コネクターとキスゴムのみ使用します。ストレーナーは、めだか等小さな魚を飼育する際、ポンプに吸い込まれないよう必要に応じてご使用ください。

エアレーション(エアーポンプ)は必要ですか?

必要です。魚、微生物、植物の成長に欠かせません。こちらのサイトから購入できます。

植物用LEDライトは必要ですか?

通常日当たりのよい場所でしたら必要ありません。日光が不足している場所でご使用ください。常時ライトをつける必要はなく、状態に合わせて1日数時間で結構です。こちらのサイトから購入できます。

セットアップ時にハイドロボールは洗ったほうがよいですか

ハイドロボールは洗浄済みですが、配送中に一部が擦れて粉が出ます。ご使用前に洗濯ネット等に入れて軽く水洗いすることでよりキレイに使用できます。洗わない場合、少し水が濁りますが、水中ポンプを数時間稼働させることですぐに濁りはとれます。

最初に魚だけを2~3週間飼育するのはなぜですか?

セットアップ直後は、微生物の数が十分でないために、植物に栄養が行き渡りません。微生物が自然と集まってくるのを待つ期間が必要となります。より確実に微生物を増やすためにバクテリア液を入れてもよいでしょう。この場合でも苗を植えるまで2週間ほど待つ必要があります。

植物について

どんな植物を育てることができますか?
葉物野菜やハーブがおすすめです。具体的には、バジル、ミント、イタリアンパセリ、コリアンダー、ルッコラ、サラダ菜、リーフレタス、シソ、青ねぎ等の栽培が可能です。詳しくは「育てられる野菜・ハーブ」をご確認ください。
イチゴやラディッシュは育てられますか?
可能です。ただし、その生長に強い光と栄養を必要とするため、日当たりのよい場所に設置する必要があります。実物野菜は難易度が上がりますが、どんなものが育てられるかチャレンジしてみましょう!
育った作物は食べても大丈夫ですか?
オーガニック(有機)栽培した安全なものです。美味しく食べることができます。魚のフンで育てたものと嫌がらないでくださいね。普段食べている畑でとれた野菜も鶏糞や牛糞で育てられたもの。変わりはありません。自分で育てた野菜が世界一!
植物を植えるときはどうすればよいですか?

基本的に、植物を収穫したらすぐに新しい苗や種を植えるようにしましょう。

<苗の場合>
を野菜ベッドに植えます。その際、泥などを水で洗い落とし、根が野菜ベッド内の水に浸かるように植えましょう。3~4株を植えることができます。

<種の場合>
①水で湿らせた種まきポットに、を1~3粒播き、培地ごと野菜ベッドに植えます。このとき、培地の下部が野菜ベッド内の水に浸かるように植えましょう。
②培地に2粒以上を植えた場合、芽が育ってきたら間引きして元気なものを1本残します。
③発芽しにくい種は、1日水に浸した後、湿らせたティッシュ等で包み、ビニール袋に入れて3〜5日間冷蔵庫で寝かしましょう。タネから少し発芽しているのを確認してから蒔くことで発芽率が上がります。

<挿し木の場合>
植物の種類によっては挿し木*で育ちます。例えば、バジルやミントなどが可能です。成長している新しい茎をカットしたもの(挿し木)を種まきポットに刺しこみ、種の場合と同様、野菜ベッドに植えます。
※挿し木・・・株の一部を切りとり発根させて増やす方法。

植物がうまく育ちません。

主な要因は、日光不足または栄養欠乏です。

・日当たりがよい場所に設置できていない場合は、植物用LEDライトを設置しましょう。

・セットアップ後すぐに植物を植えた場合、まだ微生物の数が少ないために栄養不足となる場合があります。はじめに魚だけを2~3週間程育てた後で植物を植え付けてください。栄養補給には、専用の肥料海藻のエキスをスプレーしてもよいでしょう。苗は移植されてから10日間程は新しい環境に適用するため根を張ることにエネルギーを使います。「なかなか成長しないな...」と思ったら、この期間だと覚えておきましょう。新しい環境に適応すると、ぐんぐんと成長がはじまります。

・それ以外には、エアーポンプを使用していない、風通しが悪い、環境に合わない植物を植えた等の要因で、うまく育たない場合があります。

その他につきましては、カスタマーサポートまでご連絡ください。
さかな畑カスタマーサポート: info@ouchisaien.com

魚について

どんな魚を飼育できますか?
基本的には、淡水魚であれば飼育が可能です。個体が大きくなりすぎず、水温やpHの変化に強い金魚がおすすめです。詳しくは「育てられる魚」をご確認ください。
魚はどれくらいの匹数を飼育できますか?
基本的には、4〜5cmの金魚を4~5匹程飼うことができます。どじょうや巻貝との混泳も可能です。メダカは30匹程が目安ですが、大型魚との混泳と強い水流に注意ください。
魚のエサは何を与えればよいですか?
市販されているエサで問題ありません。栄養バランスに優れ、魚や植物に必要なタンパク質を豊富に含んでいます。
冬にはヒーターを使う必要がありますか?
適温は20℃〜28℃です。水温が15℃を下回る場合は、ヒーターを使用して水温を20℃前後まで上げましょう。水温が15℃を下回ると、魚や微生物の動きが鈍くなってしまいます。
魚が死んでしまいました。
特に飼育をはじめてから1ヵ月程は、環境に慣れずに稀に死んでしまうことがございます。できるだけ早めに水槽から取り出してあげましょう。

メンテナンス

どんなメンテナンスが必要ですか?
原則として1日1回の魚へのエサやりと、2週に1回程の蒸発した水を足すことが基本です。エサは1分で完食できる量とし、エサの与えすぎに注意しましょう。
自動給餌器を使うと、毎日定時に一定量のエサを自動で与えてくれます。食べ残しは水質悪化の原因となるためネット等で取り除きましょう。
水換えは必要ですか?
水換えをすることで微生物が減ってしまうため、お勧めはしません。ただし、急激な水質・外観の悪化が起こった場合は、水換えを行いましょう。水換え時は、カルキ抜きを忘れずに。
ハイドロボールの交換、洗浄は必要ですか?
原則必要ありません。
水槽内の底石は洗うべきですか?
原則洗う必要はありませんが、外観が気になる場合は洗っても構いません。

備品

水中ポンプ、水中ポンプチューブを買い替えたいです。
こちらのサイトから購入できます。
ライトスタンドだけ購入できますか?
こちらのサイトから購入できます。
リビングや寝室でも使える静かなエアレーションを購入したいです。
こちらのサイトから購入できます。
ハイドロボールを買い替えたいです。
こちらのサイトから購入できます。

状況に応じた対応

虫の予防、駆除はどうすればいいですか?
アクアスプラウトは室内用で、かつ土を使わないために害虫がつきにくい構造ですが、葉に直接付いてしまう場合があります。予防の場合は、専用の害虫忌避剤アロマニームを1000倍で希釈した液を、週1回、植物の葉にスプレーしてください。駆除の場合は、500倍に希釈して使用ください。その他、(魚や微生物に)影響のない有機の市販物を使用することができます。
水槽内に藻(コケ)が発生したときはどうすればよいですか?

主な要因は日光と水の富栄養化です。次の5つの対策があります。

スモークガラス水槽の使用やすだれ等で水槽への日光を遮断する。
コケを食べてくれる生き物を一緒に飼育する。
③常に植物がある状態を保ち水が富栄養化することを防ぐ。
④エサの量は1分で完食できる量として、食べ残した場合はネットで回収する。
⑤専用のコケ取りなどで水槽のガラス面を掃除する。

水が緑っぽく見えますがどうすればよいですか?
水中に藻が多く発生すると、水が緑がかって見えることがあります。、美観の問題ですので、気になるようでしたら水換えするか、スモークガラス水槽の使用で目立たなくなります。二枚貝を投入することも効果があります。
水槽が臭うのですがどうすればよいですか?
立ち上げ初期に臭う場合があります。循環がはじまると1~2週間程で自然となくなります。酸素が不足していると臭いが発生するので、エアーポンプで十分な酸素を送り、エサの量を減らすことで防止できます。それでもとれない場合は、水換えしましょう。
ハイドロボールに白い粉のようなものが付着していますが大丈夫ですか?
問題ありません。水に含まれるミネラル(カルシウムやマグネシウムなど)が蒸発して結晶化したものです。無害ですが、気になるようであれば、ハイドロボールを水洗いすることで洗い落とすことができます。
水が循環していません。水流が止まっています

主な要因は、水中ポンプの詰まりです。下記を参考に中を掃除することで簡単に改善されます。
※小粒の底石を使用すると、水中ポンプが吸い込んで詰まらせてしまいます。径が1cm以上ある適切なサイズの底石をご使用ください。

ポンプの吸込みが弱い場合は、下記を参考に水流を”強”へ設定しましょう。

高すぎる(低すぎる)pHはどう調整すればよいですか?

pHは6.5~7.5の間でしたら問題ありません。

<pHが7.5より高いので下げる場合>
1〜2週間そのまま様子を見ましょう。多くの場合は、自然に下がります。それでも下がらない場合は、市販のpH調整材(リン酸)またはボルヴィックなどの中性・軟水のミネラルウォーターを加えてください。雨水(日本の雨水のpHは平均4.7)も使うことができます。

<pHが6.5未満なので上げる場合>
市販のpH調整材(炭酸カルシウム)、または貝殻や卵の殻をネットなどに入れて投入しましょう。野菜ベッドのハイドロボール内、もしくは水槽内に投入します。卵の殻は1個分で、薄皮を取り除いたものを使います。リン酸や炭酸カルシウムは食品添加物なので安全です。pHの変化を計測しながら少しずつ投入してください。pHの1日の変動範囲は0.2以下が目安です。

返金保証

商品を返品したいです。どうすればいいですか?

おうち菜園公式オンラインストアで購入した商品は、30日間の返金保証つきです。
こちらのページを参照のうえご連絡ください。返金保証について